電機メーカーに就職したいのだ

相変わらずソニーとか松下とか大好きですけど、
最近は「電機メーカー」にはあまりこだわっていません。
自動車業界もおもしろいし、広告とか、医療関係にも興味があります。
大学3年生です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 良いSONYの姿、評判。 | main | au新機種発表 → 実現可能な理想の携帯電話を考える >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ライフサイクル設計 + 富士フイルム足柄工場
富士フイルムの神奈川工場足柄(この辺)に行ってきました。


 +


学科(東京大学システム創成学科PSI)で、「動機付けプロジェクト」という名の授業がありまして、それで今扱っているのが、

「ライフサイクル設計」

というもの。


・無毒制の素材を使用すること
・リサイクル率、分解性をあげる
・部品を再利用できるようにする


ここらへんは既存の物の作りを変えることで達成できること。こう言うのを「環境調和型設計」と呼んでいるけど、これから更にステップアップして、


・製品の機能デザイン自体を、環境影響をふまえて発案する
・極端に言えば、物を作らないことを目指す


ところまで至る(社会システムの)設計思想のことを「ライフサイクル設計」と呼ぶことにしているらしい、うちの学科では。

たとえば日本では家電リサイクル法ってのがあるけど、あの程度じゃ、ユーザに社会的責任感の名の下に負担を分散しているだけで、根本的に解決にはなってない。物は相変わらず増える。そこで出てくるキーワードが、「循環=サイクル」という言葉。


Combrickってアイディアがあります。
モニタ、アンプ、入力装置(キーボード等)、リーダ(DVDドライブなど)、外部接続装置(モデムもしくは携帯のアンテナ)そう言う物を、完全に互換性を持つユニットとして製作し、必要な用途に従って組み合わせて利用する。パソコンは実際それに近い姿をしていますが、テレビ(ビデオ録画なども含めて)、オーディオ、従来のパソコンの機能、カーナビ、等はコレですべて補完できます。

それから、電化製品の完全レンタル制の導入。貸して、返してもらう。メーカーはコレにより完全な循環システムに近づくことが出来る。



ところで3Rというと Reduce Reuse Recycling のことだけど、まず前提として最も重視すべきは「資源の利用、物の発生自体を抑制すること。」これがReduce。

そして今回富士フイルムの工場を見学するに当たって焦点が当てられているのが二つめのR、「Reuse」です。ってんで本来の話に戻ると・・・


 +


資源の「リサイクル」というと、どうしてもリサイクル後は元の素材より劣化してたり純粋でなかったりするわけです。しかも、その処理にもエネルギーが必要となる。従って、リサイクルより優先されるのが「リユース」なわけ。しかし普通に物を作ってても、パーツの再利用なんて出来る物ではない。

そこで富士フイルムをはじめとした「レンズ付きカメラ」業界で行われいてるのが、リユースをはじめから目的とした設計なんです。

写ルンですは使用後お店に出すと、フィルムと現像された写真だけが帰ってきますが、その本体の方は工場に送られます。僕らが行ったのはその写ルンです本体が回収集積される工場です。


整列(マシンが全自動で作業を行うのでまずライン上に整列させる必要がある)
 ↓
CCDによる機種判別
 ↓
ラベルはがし
 ↓
分解
 ↓
リユース部の取り外し。
 ↓
リユース部のチェック。(再利用できる品質が保たれているか)
 ↓
リサイクル部(外部に出ているプラスチックなど)は、粉砕されてプラスチックとして再成形されます
 ↓
すべてのパーツの組み直し
 ↓
出荷



この一連の作業が、足柄工場でほぼ全自動で行われています。

リユースを目的とした設計とはつまり、どのパーツがリユース可能になるかはじめから考えた上で、傷つかないように守られたリユース部をまとめてユニット化したり、マシーンにも分解しやすいような設計にしたりすることです。富士フイルムはこれにより90%以上のリユース率を実現しています。写ルンですの90%は、以前どこかで誰かが使った写ルンですのパーツで出来てるってこと。写ルンですという商品の中だけでほぼ完全な「循環」が行われているのです。

はがしたラベルなどはもちろん古紙としてリサイクルに回されています。そこまで考えると写ルンですの環境貢献度はとてつもなく高い物になっているわけだ。


 +


とまぁ、以上「富士フイルムの視点」で書いてみました。今回はこの見学もふまえた上で、レンズ付きフィルムの新商品の提案およびプロモーションを行う、という課題です。課題としてなら、がんばりますよもちろん。エコという視点は、今後エンジニアに必然的に要求されてくる物だろう。それについて体感できたのはとても貴重なことだったと思います。

ただ

僕はここでは働きたくはないな、と思った。それについてはまた今度・・・。
| AMANE | 学校 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://denkimaker.jugem.jp/trackback/89
一言。
留年して、学科を変わることになりました。 希望の門出ってやつです。
PROFILE

大学2年生に逆戻りです・・・汗

夢は電機メーカーで商品開発すること!携帯電話とかポータブルオーディオプレイヤーとかに興味があります。最近は絵を描いたりベースを弾いたりしています。
LINKS
OTHERS