電機メーカーに就職したいのだ

相変わらずソニーとか松下とか大好きですけど、
最近は「電機メーカー」にはあまりこだわっていません。
自動車業界もおもしろいし、広告とか、医療関係にも興味があります。
大学3年生です。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< [1作目] No.18 ぴろぴろサウンダー [3日目 完成] | main | [日経エレクトロニクス] RFIDとユビキタス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
次世代文化フォーラム に行ってきた
感想はとにかく、英語がわからん、につきる。

>>次世代文化フォーラム





アーサー・ミラー教授は、会はじめの基調講演で、
■高度に創造的な指向には、芸術、科学、技術を包有したアプローチが必要とされる

■アインシュタインは、理論は自然の中の対称性を反映すべき物であること、そして美しい理論はそうでない理論より良い成果を生むという考え方を科学に導入した

■彼(アインシュタイン)の理論は、彼の審美的不満によって成し遂げられた

■美学は感覚認知を越えた世界を明らかにするように思えます。芸術家と科学者はこの世界をどのように描写するのかを常にその目的としてきました。

■科学者が特定の方程式を美しくしようと方法論を探し求めるときに、足さなければならない余分な項がときに新しい粒子を予測する

■私たちは実験の限界に拘束され、(中略)砕けた対称性のみを目にし、その向こうにある世界の美しさを目にすることはない

■米国エアフォースB-2やステルス爆撃機は、空飛ぶキュビストの彫刻なのです

と、いった感じの内容を英語で話されたらしいのですが、正直、聞いているだけでは3割も理解できませんでしたぁーー。(引用は会場で配布されたパンフレットから。


ところで高度な芸術とはやはり、学術によって定義される物なのか。「高度」さは、「高度な」人が決める物なのか。思想家と呼ばれる人々の作り出す都合の良い設定なのか。そこが僕は気にかかる。ピカソは思想家であり、ある程度の科学者であった、それは事実だろう。ダヴィンチは言うまでもなく。しかし、思想とか科学とかを持ち出さなくても人に感動を与える物を作り出している人はたくさんいる。 つまりまぁ、今回のフォーラムは、そう言う話ではなかったらしい。




後半のパネルディスカッションはどうも消化不良な感じ。時間的制約があって、参加者がどんな人でどんな仕事に関わっているかについて一通り各々がお話になったあたりで終わってしまった。でも、僕にはいろいろ収穫があった。

逢坂恵理子さんの紹介にあったようなライティングを使った芸術の方向はおもしろそう。人とのインタラクションがある照明空間、というのはとても素敵。(一方で、太陽光発電を使ったライティングの美しさ、くらいで、『技術とアートの融合だ』っていのはどうかと思ったけど。) 自分もせっかく電子工作を最近やっているので、いろいろやってみたくなります。


あと、ディスカッションの途中でなぜか、新しい携帯電話のスタイルを一つ思いついたのも収穫だ(笑)


せっかく元DoCoMo社長で現JAXA理事立川敬二氏が来ていたのに、ほとんどそれらしい話をしてくださらなかったのが一番残念です。それが楽しみだったんだけどなぁ。モバイルコミュニケーションこそ新しい文化が生まれる大地になりうるんじゃない!(ってのは言い過ぎ?



野依教授がパネルディスカッション前の挨拶として

「小柴さんは自虐的で、『アインシュタインの発見は世界の普遍的事実であり、アインシュタインでなくてもいつかだれかが発見したでしょうが、モーツァルトの作った楽曲はモーツァルトにしか作れなかった』とおっしゃっていましたが」

「しかし私は、モーツァルトの楽曲がなくてもあまり困らないけど、アインシュタインが相対性理論を作り上げてくれなかったら困ったことがたくさんあるから、アインシュタインの方が偉いと思う」
とおっしゃっていたのが一番おもしろかったです。Miya-Nあたりはそういう「普遍的事実」と「芸術性」の両方にアプローチしている人だから、どう考えるんだろう?このフォーラム、pikaとかMiya-Nは参加したら楽しかったと思うよ。



僕も刺激は受けた。まちがいなく。
| AMANE | 学校 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
morimasa (2006/09/02 11:48 PM)
俺これ超行きたかった。
あつし (2006/09/03 11:41 AM)
森田君やえもやんは行くのかな〜、居ないかな〜とか思いながら参加してきたよ(笑)

なんかさ、「デザイン」じゃなくて「アート」である点らしいんだ。この話の重要なところは。
ぷらんなー (2006/10/06 9:12 PM)
この企画のぷらんなーです。貴重な意見が読めて本当にうれしいです。まわりの“経験豊富な独断者”たちや“えばりんぼう”たちからばかにされたりやいのやいのいわれたりしながらも、手探りしながらひとりでぼっちでやっとこさっとこなんとか実現にこぎつけたので、このフォーラムを聴きに来てくれた人はみ〜んな、わたしにとって宝ものです。特に若い世代の人達はきっと柔軟な感性をもってるから、いろいろなことを逆に教わりたいです。来年はもっと、もっとがんばって、面白いものをつくります。また聴きに(観に)来て下さい。
ぷらんなー2 追伸 (2006/10/06 9:16 PM)
アーサーさんはとてつもなく、素晴らしい人物でした。たぶん、今回のフォーラムでは唯一の理解者であり、人格者だとおもいます。この社会にもあんな大人ばかりいたら・・・と。









url: http://denkimaker.jugem.jp/trackback/138
「アインシュタイン150の言葉」ジェリー・メイヤー・ジョン・P・ホームズ
アインシュタインの言葉について記事を書きました。。よろしければ遊びに来てください
| 成功者になるための!!オンライン図書館 | 2006/11/07 4:58 AM |
一言。
留年して、学科を変わることになりました。 希望の門出ってやつです。
PROFILE

大学2年生に逆戻りです・・・汗

夢は電機メーカーで商品開発すること!携帯電話とかポータブルオーディオプレイヤーとかに興味があります。最近は絵を描いたりベースを弾いたりしています。
LINKS
OTHERS