電機メーカーに就職したいのだ

相変わらずソニーとか松下とか大好きですけど、
最近は「電機メーカー」にはあまりこだわっていません。
自動車業界もおもしろいし、広告とか、医療関係にも興味があります。
大学3年生です。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
[日経エレクトロニクス] RFIDとユビキタス
日経エレクトロニクス2006/07/17号
特集■電子産業35年の軌跡
無線タグとユビキタス 現実と仮想をつなぐ ゴマ粒大の“コンピュータ” より


「いつでもどこでも,100Mビット/秒を超える高速ネットワークに接続できる環境」が実現すると

(中略)

ユビキタスという言葉に抱いたのは,「現実世界の事象がネットワークに溶け出していく」イメージである。ネットワーク上の情報を情報通信端末で引き出す「下り」方向の通信より,むしろ逆に現実世界の事象がサイバースペースに取り込まれていく「上り」方向の通信こそがユビキタスの本質なのだと解釈した。大ヒットしたSF映画「マトリックス」さながらに,現実世界とネットワーク上のサイバースペースが融合する社会のイメージ

(中略)

無線タグは「コンピュータのダウンサイジングが行き着く究極の姿なのだ」と確信した。物体に無線タグを取り付ける。無線タグが発信する物体に関するデータは,ネットワークに取り込まれ,それをサーバーや記憶装置が処理する。利用者が目にするのは,ネットワークを通じて手元の端末に届いた処理結果である。こうした一連の動作を利用者から見ると,物体自体が情報通信端末のように振る舞って自分に情報を送ってきたかに感じるだろう。



「アンテナ」の方がでかくなっちゃって、「ごま粒大」は半分ほんとで半分嘘ってのが実情なんだけどね。(写真は日立のμチップの本体。まじちっちゃい。このゴミ粒のような物に38桁(128bit)の情報が記録される。)

何だって良いんだけど、たとえばデザインの方に話を進めてみよう。たとえば、書籍やCDと言った、装丁が大事な商品から、バーコードや値段表示のたぐいが消える。デザインの幅は一層広がるだろう。

表面に薄く一枚チップを入れておけばその商品の「コード」を非接触で読み込むことができる。そこからネット経由で商品の情報を仕入れるのだ。お店の人が商品を管理するためだけではなく、日常的に消費者がリーダを持ち歩いて商品に関する情報をネット経由で仕入れる時代が来るはずである。

少々倒錯しているかも知れないけど、店頭でおもしろそうな書籍を見つけて(やはり中身を確認してから買いたいものだし、思いがけない出会いはネットでは起こりにくいだろう)、その情報をリーダで読み込んで記録しておき、いつでも好きなときにアマゾンで注文、なんてのもありだ。 (まぁ、書籍という形の文字データの媒体が残っていればの話だけど。
| AMANE | 雑誌レビュー | comments(0) | trackbacks(2) |
[NIKKEI DESIGN] ユニバーサルデザイン
日経デザイン2006/08号
見せないUD、魅せるUD
美しく楽しい形にひそむ優しい使い心地 より


■ダブルウォールのグラス(写真)

>>グラスを中空にすることで、保温性・保冷性を高めるとともに、指への熱の伝導や表面の結露も防ぐ「ダブルウオール」シリーズ。飲み物が浮いたように見える独特の表情が魅力

機能性と美しさの共存、というより、機能性が美しさを必然として生んでいる。(その逆も然り? 必然、がこれまでどうして具現化していなかったのか。理由の一つは技術的な障壁、もう一つは、我々の精神的豊かさ故だろうか。豊かさをデザインする、ユニバーサルデザインの方向性。



■フィリップスタルクのパーティプレート

>>プレートの隅に高さ5センチほどの突起を設け、グラスの底に差し入れることで、グラスをプレートに固定できる。

 プレートの周辺が少し盛り上がっているので、グラスを差し込んだ状態でプレートを多少傾けても、飲み物や食べ物がこぼれる心配がない。プレートを左手で持てば、右手が自由になるため、気軽に握手ができるし、名刺交換も可能だろう。何より、一方の手が自由になることで、立ち居振る舞いが自然になり、リラックスしてパーティーを楽しめる。


機能 ⇔ 形 ⇔ そのものが登場する場面の品性まで考えたデザイン の追求
使われてるのかな?
このデザイナーさん、超有名人みたいですね。ググったらデザインした商品がたくさん引っかかる。



■自立する歯ブラシ

>>歯磨きをする際の性能を追求するのではなく、使わない時に歯ブラシ本体が生活空間の中でどうあるべきかを考えてデザインされた製品だ。これら2製品の特徴は、歯ブラシ自体が自立する点にある。  歯ブラシが自立すれば、歯ブラシ立てやコップが不用になる。歯磨きペーストのパッケージも多くが自立タイプになっているので、洗面台が一気にスッキリするし、掃除も楽になる。 スッキリした空間に自立する製品は、ある意味でオブジェの役割も求められる。

実際使うか、と聞かれたら微妙だけど。


 +


(コピペしすぎかな・・・・
| AMANE | 雑誌レビュー | comments(0) | trackbacks(2) |
pen 「一冊まるごと佐藤可士和。」
penって雑誌の今月号がとてもおもしろい。

>> http://www.hankyu-com.co.jp/pen/



一人でこなす、というところがすごい。
この人を尊敬するのは、とにかく

 意匠デザイン
 企画発案
 プレゼンテーション
 プロジェクトコーディネート
 会社経営
 具体的コンテンツの製作

ができること!(特に一番最後が大事!)

一人でやってしまうことには必ず弊害がある。

たぶんこの人は、そういう弊害を乗り越える何かを持っているのだろう。それはただ、たくさんの才能が一人の人間の器の中に収まっていればよいのではなく、それを統合しなおかつ、時に独立の物のように、また時に総体として「表現」し「伝える」ことができるということだろう。

わかりやすくいえば、「プレゼンテーション」の能力とやらに、それは含まれているだろうし、対人関係の築き方のうまさ、というのも言うまでもない。



って考えると、自分はまだまだ修行が足りぬ!
| AMANE | 雑誌レビュー | comments(0) | trackbacks(0) |
エデュケーショナルソフトウェアカタログ
生協に、こんな雑誌が、地味に置いてある。

「教職員・学生が、使いたいソフトウェアを手軽に購入できる環境を」

と、雑誌の巻頭に書かれています。要するに、学生や教職員は、生協でいろんなソフトウェアを「アカデミック版」として安価に購入できる、というものです。

この冊子の中で紹介されているソフトウェアをあげてみると・・・



商品名/アカデミックプライス/定価

MacOS X10.4 Tiger---------------------8,800 / 14,800
Adobe Creative Suite2 premium--------73,990 / 188,000
macromedia FLASH basic --------------12,600 / 25,000
Shade8(3Dグラフィックソフト)basic-----7,990 / 10,000
AutoCAD 2006 ------------------------10,000 / 500,000?


結構、安い。


Creative Suiteとは、illustrator,Photoshop,inDesign,Acrobat等Adobe主要製品をまとめたパックのこと

最後のAutoCADは、アカデミックプライスというか、「学生版」で、利用可能期間が2年に限定されかつ、若干機能制限があるみたいですが、技術習得(もしくは遊び)という意味では何の問題もない物。

他にもMathematicaやMATLAB、3dsmax、Officeシリーズ各種など、有名なソフトが多くラインナップされていて、どれも定価から比べると「比較的」安く購入することが出来ます。


 +


実はうちの大学、普通に導入しようと思ったら数十万円かかるようなソフト(...3dsmaxとかAutodeskInventorとかMATLABとかMathematicaとか・・・)が、誰でも使える状態になってるのですが、これ、知ってる人以外と少ない。というか、まぁ、使おうと思う人が少ないんだろうけど。

でもやっぱ、自宅でゆっくりじっくりやりたいって人(僕)は自宅パソコンに導入したいわけで、こう言うときにアカデミックプライスは、(それでもやはり手を出しづらい高さではあるけど)一考に値する価格だと思う。

あと、普通にカタログとして目を通すだけでも面白いかも!


 +


最近、やりたいことが多すぎて困る。
CADというか、プレゼン材料としての3D表現は、近日中に是非身につけておきたいし、CSの最新版は絶対正規のルートで手に入れたい。プレゼンツールとしてのFLASHはとても魅力的な物だし、そうやって追っておくと際限がない。

いずれその中のどれかを選ばなくちゃいけなくなるか、「プロに任せることが一番だ」って思い知らされる日が来るんだろうけど、それまでは、出来ることやりたいこと全部やりたいのです。
| AMANE | 雑誌レビュー | comments(0) | trackbacks(0) |
日経デザイン = NIKKEI DESIGN = 2月号
から、気になった物をメモ。


◆三洋の新開発電池「eneloop」のパッケージデザインについて

>eneloop
>Think GAIA

Think GAIAの思想は素晴らしいし、そのデザインをやりたくなる気持ちもわかる。ただ、三洋の現状と見合って無すぎる、と言うのが悲しいところ。問題は、これほど画期的な新商品を開発しておきながら、まともに宣伝する気のない(せめてPanaのオキシライドほどかっこいいCMを作ろう)のは勿体ない。

消耗品で、しかも電気屋でたたき売られている電池に対するブランディングというのはなかなか難しいものだろうなぁ。

三洋が携帯部門をNOKIAと提携することで、更に本体が弱体化した結果、ちゃんと残るのは電池部門だけなんじゃないかと言われている・・・ほど本体が弱いというか、この電池が素晴らしいというか。


◆SEIKOの電子インク腕時計
続きを読む >>
| AMANE | 雑誌レビュー | comments(0) | trackbacks(0) |
日経BP記事検索サービス 大学版
東京大学の図書館には、「日経」と名の付く雑誌はほとんど置かれていません、そのかわり日経BP社が発行した雑誌の記事のほとんどは、社のHPで閲覧できるように電子化されています。大学は日経BP社と契約していて、我々学生は電子化された記事をHP上で読むことが出来ます。

ただし、学校のシステム上からのみ。
→日経BP記事検索大学版←
続きを読む >>
| AMANE | 雑誌レビュー | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>
一言。
留年して、学科を変わることになりました。 希望の門出ってやつです。
PROFILE

大学2年生に逆戻りです・・・汗

夢は電機メーカーで商品開発すること!携帯電話とかポータブルオーディオプレイヤーとかに興味があります。最近は絵を描いたりベースを弾いたりしています。
LINKS
OTHERS